アールイズとワタベの挙式会社の違いとは?

花嫁と花婿

結婚式をするなら、思い切って海外で行いたい!と思っているあなた。
海外挙式といえば、アールイズ・ウェディングとワタベウェディングの2社で迷う方も多いのではないでしょうか。
両方同じような会社なんでしょ?と思って契約してしまうと後悔してしまうかもしれません!
大手海外挙式会社のアールイズとワタベウェディングの違いについてまとめてみました。

来店特典が魅力的な結婚指輪のブランドはコチラ

椅子の上にハートの手紙結婚指輪の来店特典でおすすめは?商品券がもらえるブランドまとめ

アールイズとワタベの比較

ワタベで海外挙式ができる国

リゾートウェディング リゾート婚 |挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】

ワタベウェディングの強みは、なんといっても挙式が行える国の数。
ハワイやグアム、バリだけではなく、イギリスやフランスといったヨーロッパやアメリカ、ベトナムでも行うことができます。

挙式ができる国はなんと10か国以上で、「ワタベで挙式できない国はないのでは?」と思えるほどで、挙式ができるチャペルもかなり多いです。

ワタベならパリの伝統的な大聖堂で厳かに行いたい、アメリカのラスベガスで豪華な式をしたい。
といった細かなニーズにも柔軟に対応することができます。

アールイズで海外挙式ができる国

アールイズの強みは、なんといっても「リゾート挙式
挙式が行える国も、ハワイ、バリ、グアムとリゾート地ばかりです。

ワタベの方が全体的なチャペルの保有数は多いですが、リゾート地だけに限定すればアールイズの方がチャペルの数は多いです。

逆に、アールイズはリゾート地以外では一切行っていません。
ヨーロッパやアメリカといったリゾ婚以外でなら、多くの国でできるワタベがオススメです。

ワタベの海外挙式プラン

ちりばめられているハートのお菓子

ワタベは挙式プランがとても豊富です。
アールイズのような基本プランももちろんありますが、節約志向の方向けのプランもあります。
なかでもワタベの「EASYプラン」なら、ネット上申し込みするだけでOK。
サロンへ行って打ち合わせをする必要がないのが魅力です。
ドレスも当日現地で選べる(3種類程度しかない)ので、国内の準備がほとんどありません。

逆に、思いっきり贅沢な挙式を行うことも可能。
「プラチナバーシープラン」では自分だけのオリジナルドレスが作成できたり、ディレクターやプロデューサーを雇って挙式を豪華に演出することができます。
芸能人のように、挙式にストーリー性を持たせて華やかな挙式がしたい方におすすめです。

ワタベは、アールイズに比べて色々なプランが用意されています。
ただ、どれも特徴のあるものばかりなので、わかりにくいといったことはないでしょう。

アールイズの海外挙式プラン

アールイズの挙式プランは、「ベーシックプラン」とより豪華な「スイートパッケージプラン」の2つのみ。
2つプランの違いは、挙式のムービーをつけるならスイートの方が少しオトクな程度で2つのプランに差はそこまでありません。
挙式のムービーがいらないなら「ベーシックプラン」択一です。

結婚式のプランは複雑でわかりにくいと感じていた方は、きっと多いはず。
挙式内容にこだわりがなく、普通に海外挙式ができればいいのであればわかりやすくていいでしょう。

私はベーシックプランで挙式をしましたが、物足りなかったなと思ったことはありません。

アールイズのグアム挙式費用

ユーロのお札

グアムでの挙式代を例に、比較してみます。
プランの内容は2社ともほぼ同じなので、純粋に料金だけ比べてみてください。
下記の表はアールイズのグアムでの挙式代になります。
グアムでは5つチャペルを管理しています。

チャペル名 金額
ジュエル・バイ・ザ・シー 248,000円→124,000円
ホワイトアロウチャペル 198,000円→99,000円
クリスタルチャペル 198,000円→99,000円
レインボーチャペル 188,000円→94,000円
アクアステラチャペル 158,000円→79,000円
平均  196,400円→98,200円

挙式代は10万円前後かかります。

ワタベウエディングのグアム挙式費用

ワタベはグアムで3つチャペルを管理しています。
下記の表はワタベのグアム挙式代です。

チャペル名 金額
ブルーアステール 246,000円
ルース・デ・アモール 187,000円
セント・プロバス・ホーリー・チャペル 198,000円
平均 210,000円

挙式費用は平均して20万円弱です。

挙式代以外のオプション代も2社ともそこまで値段に差はないので、しいて言うならアールイズの方が安くなる傾向があります。
ただ、ワタベでは、契約前にアルバム代などが載ったパンフレットをもらえるので、オプションにいくらかかるのか契約前に予想がつきます。

アールイズでは契約前にパンフレットをもらえないので、契約前にオプション代にいくらかかるのか教えてもらうことはできません。
契約後に渡されたパンフレットを見て「こんなにかかるのか・・・」とびっくりしたのを覚えています。

追加費用を払っていくと最終的には100万円はかかり、挙式代の10万円だけでは全然足りませんでした。
見積書にはオプションが含まれていないので、アールイズでは契約前に挙式費用の総額がいくらになるか予想するのはちょっと難しいかもしれません。

アールイズの実際の見積書、最低見積額に関する記事はコチラになります。

パソコンをスクロールする女の子の手アールイズ・ウエディングは高い?私の見積書を徹底比較

挙式代は20万円前後ですが、トータルの支払いは100万円は確実に超えると思った方が良いでしょう。

少しでも安く結婚式がしたい・・・というのであれば、小さな結婚式がもっと良心的な価格で行うことができます。
挙式代の138,000円の中にアルバム代といったオプションも含まれているので、かなりオトクです。

アールイズのチャペル

次にワタベとアールイズのチャペルの違いについてご紹介します。

グアム結婚式 アクアステラチャペル

海外挙式は、「事前にチャペルの下見ができない」ので実際に汚れていたり、質が良くなかったら不安になりますよね。

しかし、アールイズならヒルトンやハイアットといった高級ホテルが管理しているチャペルなので、低レベルなチャペルではまずありません。
ホテルなので、ちゃんとゲストの荷物も預かってくれました。(ホテルにもよるかも)

さらに、ホテルの中にアールイズ専用のサロンが完備されている(グアムはすべて、その他の地域は一部のみ)ので、挙式のことで気になることがあっても、宿泊するホテルの中で相談することができます。
ゲストも泊っているホテルから出ることなく結婚式に参加できます。
ゲストもバスやタクシーでの移動がないので、英語が不安な人も安心でしょう。

ワタベウェディングのチャペル

ワタベの特徴は、アールイズとは逆にホテルに属さないチャペルを保有しています。(一部に限る)

アールイズは、ホテルに併設されているチャペルで挙式をするため、指定されたホテルに宿泊しないと追加料金がかかります。(2万円程度)
しかし、ワタベならホテルに併設されていない「独立型チャペル」を管理しているので、宿泊するホテルを自由に選べます。
もちろんワタベの保有するチャペルも質の良いものばかりになります。

アールイズとワタベのグアムのチャペルの違いはコチラの記事で紹介しています。

海にいる女の子【チャペル比較】アールイズとワタベのグアムの式場まとめ

持ち込み手数料の比較

披露宴の白いバラ

より安く海外挙式をするのなら、持ち込み手数料を忘れてはいけません。
普通は、ペーパーアイテムや引き出物を持ち込みするだけでも数百円取られてしまいます。

アールイズでは、ペーパーアイテムや引き出物の持ち込み手数料はなんと0円。
手数料0円のものもきちんと直前まで預かってくれています。

ワタベでは、ペーパーアイテムも引き出物も持ち込み手数料を取られてしまいます。
持ち込みをして安く済ませたり、こだわりのある挙式にしたいのであれば、アールイズの方が融通が利くのかもしれません。

ただし、アールイズではDVDやCDの持ち込みはできません。
国内挙式のように自分の好きな音楽を流したいのであれば、ワタベになります。

ワタベとアールイズの持ち込み手数料についてはコチラで詳しく説明しています。

ピンクのバラアールイズやワタベの海外挙式持ち込み手数料の口コミ、比較

海外挙式であっても、アールイズもワタベも国内にサロンがあります。
海外挙式の申し込みや見学はすべて国内のサロンで行います。

もちろん、国内サロンのスタッフは全員日本人です。
サロンの数が多いほど通いやすいといえるでしょう。

アールイズの国内サロン数

アールイズの国内サロンは、新宿、梅田、札幌、仙台、横浜、名古屋、福岡の計7箇所と正直少なめ。
けれど、主要な都市にありますしアクセスも悪くありません。

国内挙式であれば、5回以上打ち合わせをする必要がありますが、アールイズなら打ち合わせはたった1回だけで済ますことも可能。
困ったときは、電話で問い合わせをするだけで、打ち合わせをすることができました。

国内挙式に比べるとサロンに行く回数が少なくて済むので、家からサロンまでが遠くても楽だと思います。
ただ、打ち合わせは念入りにしたい方や、対面にこだわるのであれば向いていないかもしれません。

ワタベの国内サロン数

買い物に行く女の子

ワタベ専用サロンは国内に30箇所以上あり、1つの都道府県にほぼ1つはサロンがあるといえます。
サロンに通う時間を極力減らしたいズボラなあなたにもオススメです。

打ち合わせの回数については、友人は3回もなかったとのことでした。

また、国内だけでなく香港や台湾にも直営店舗があります。(公式サイトは日本語に対応しているかは不明です)
アールイズには、国内店舗しかありません。

どちらの挙式会社に向いているか

プレゼント

  • グアムやハワイといったリゾート地で挙式を行いたい
  • 日本語以外話せず、海外挙式に抵抗があるゲストがいる
  • とにかく安くコスパの良い海外挙式がしたい
  • ペーパーアイテム等の持ち込みをたくさんしたい

上記の方は「アールイズ・ウエディング」がオススメです。一方で

  • リゾート地以外で挙式が行いたい
  • 長年挙式を行っている会社の方が安心できる
  • 挙式にこだわりがあり、徹底的に予算を抑えたい、またはお金を気にせず豪華に行いたい
  • 国内サロンは家から近い方がよい

こうした方は、「ワタベウエディング」で行うのが良いでしょう。

友人はワタベウエディングで挙式を行い、私はそれで海外挙式に憧れて「アールイズ・ウエディング」で挙式を行いました。

どちらも多くの海外挙式を手掛けており、この2社から選ぶと安心できるでしょう。
2社には色々な違いがあるので、適当に決めずに「どんな海外挙式をしたいか」で選ぶと後悔しないと思います。

あなたの結婚式が素敵なものになるよう、心から応援しています。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

海外挙式を安く抑えるなら小さな結婚式がオススメ

小さな結婚式 グアム

アールイズでの結婚式はとてもよかったのですが、正直ドレスやタキシードに追加で20万円も払う必要なかったかな?と感じています。
また、ゲストも10名程度なのに結婚式に100万円以上もかけなくてよかったかなぁと少し思っています。

そんなアールイズのドレスがちょっと高い、安く海外挙式がしたいと感じるプレ花嫁さんには、小さな結婚式がオススメです。

アールイズではアルバム代とドレス代で追加料金が50万円くらいかかると思います。
けれど、小さな結婚式なら両方とも138,000円の基本挙式代に含まれているので、ずっと安く海外挙式を行うことができます。

少人数専門&格安ウェディング式場
小さな結婚式の公式HPはコチラ