結婚時の変更すべき印鑑まとめ

役所の机

女性は入籍して名字が変わった場合、すぐに用意する必要があるのは新しい印鑑ですよね。
どんな印鑑をどんなタイミングで用意するのがよいのでしょうか。
慌てて用意することのないように、しっかり確認しましょう。

印鑑の種類

印鑑と契約書

まず、印鑑は3つの種類に分けることができます。

  • 実印
  • 銀行印
  • 認印

実印

実印とは、役所で印鑑登録をした印鑑のことを指します。
印鑑登録証明書があれば、家やお金を借りるときの連帯保証人になることができます。
なので、悪用されるとどの印鑑よりも被害額が一番大きくなります。
役所で登録できる印鑑は一人一つまでです。

銀行印

ゆうちょ口座と印鑑

銀行印とは、口座を作るときに登録する印鑑になります。
銀行印があれば、本人でなくても預貯金を引き出すことができます。
防犯上、ほとんどの通帳に印影を残さなくなったので、銀行印は銀行でしか確認することができません。

認印

認印とは、実印以外の印鑑を指します。
中でもシャチハタは便利ですが、公的な書類には使えない場合もあるので注意しましょう。

結婚後用意する印鑑

アルファベットのスタンプ

銀行印はほぼ必須

銀行印を旧姓で登録している場合は銀行印を変更したほうがよいでしょう。
名前の印鑑で登録しているのなら特に変更する必要はありません。

氏名変更は各銀行の窓口で、平日に直接変更しに行く必要があります。
入籍の手続きが終わったらできるだけ早く変更ができるように、銀行印だけは早めに準備しておきましょう。

注意
実は一部の銀行では、旧姓でも継続して使用することが可能です。
しかしその都度、旧姓で登録している理由が求められるのでおすすめはしません。

また、銀行印を名前の印鑑にしておくと、今後改姓しても印鑑を変える必要がないので便利です。
特に銀行印はお金が流れないように、横文字の印鑑が人気です。

銀行ごとに銀行印を分けるのが、一番防犯上良いです。
しかし、どの印鑑が銀行印かわからなくと困りますので、銀行印は一人一つが一般的です。

実印は作るべきか

実印を登録するには、役所に行く必要があります。
入籍するにも役所に行くので実印の登録も同時に済ませると楽だと思いませんか。
実印は入籍するタイミングでつくるべきなのでしょうか。

ただ、実印があれば連帯保証人になれるなど、悪用されると大変なリスクがあります。
使わないのに盗られたら困るものをわざわざ作ることはありません。
リスクを増やしてまで、実印を作る必要があるのか一度考えてみましょう。

ただし、平日に役所に行く時間がほとんど取れない人などは、入籍する機会に作っても良いかもしれません。

もし、作るのであればこちらも苗字ではなく、名前の印鑑がおすすめです。

認印はいくつ必要になる

夫婦兼用の認印はというのは多いかもしれません。
しかし、自分専用の印鑑をひとつ持っておくと便利です。
書類によっては夫婦別々の印鑑を使用しないといけない書類もあるからです。
さらに宅配等が来たときのためのシャチハタが一つあると良いでしょう。
あとは仕事をされているなら、仕事用に一つなどライフスタイルに合わせて用意しましょう。

印鑑の予備がある方が良いという意見もあります。
しかし、今はネットで注文すれば、即日で用意してもらうことができます。
特にこだわりがなければ、必要最低限の印鑑があれば良いでしょう。

実印や銀行印は兼用できるか

  • 実印と銀行印を兼用する
  • 銀行印と認印を兼用する

結論から言うと、物理的には一つの印鑑でそれぞれの印と兼用することはできます。
実印も銀行印も大きさ等の条件さえ満たせば、兼用してはならないルールはありません。

しかし、印鑑を兼用して使用できるのは、未成年か学生までだと思っていた方が良いでしょう。
銀行印も実印も2000円だせば、ネットで購入することができます。
実印は悪用されれば、知らないうちに多額の借金を背負う可能性があります。
銀行印も悪用されれば、預貯金すべて失うこともあります。
大人になっても印鑑を兼用するような方は、周りから危機管理能力がないとみなされても仕方がないでしょう。
特に入籍して家族が増えるのであれば、より慎重になりましょう。

以上になります。
読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA