アールイズ・ウエディングのウェディングドレスの口コミと値段

ピンクのウエディングドレス

アールイズで海外挙式をしてみたいけれどウエディングドレスがどんなものか気になりませんか。
選べるブランドや内容、私がアールイズでドレスを試着したときの感想や値段についてご紹介します!

来店特典が魅力的な結婚指輪はコチラの記事になります。

椅子の上にハートの手紙結婚指輪の来店特典でおすすめは?商品券がもらえるブランドまとめ

ケイウノの結婚指輪の特徴や評価については、コチラの記事になります。

ピンクのドアを開ける女の子ケイウノの結婚指輪の特徴や評価とは?他社との違いまとめ

アールイズ・ウエディングの
提携しているショップのドレスの種類

アールイズ・ウエディングは、WITH A WHITEフォーシスアンドカンパニーの2つのドレスショップと提携しています。
アールイズで挙式をする際は、この2社からウェディングドレスを選ぶのなら、ウェディングドレスの持ち込み料は一切かかりません。

もし、この2社からドレスを選ばずに、ドレスを持ち込みをするなら手数料はウェディングドレスは35,000円でタキシードは15,000円です。
ウェディングドレスの持ち込み手数料の相場が10万円前後なので、割と良心的な料金だと思います。

アールイズの持ち込み手数料についてはコチラの記事になります。

ピンクのバラアールイズやワタベの海外挙式持ち込み手数料の口コミ、比較

ウィズアホワイトのドレス

ウィズアホワイトのメリット

アールイズで選べるドレスブランドのうち、オススメなのがWITH A WHITE

また、海外挙式となると、ウエディングドレスやタキシードは誰かが現地まで運ばなくてはなりません。
レンタルドレスショップでは運んでくれないので、自分たちがドレスを現地まで持っていくのが一般的です。

しかし、WITH A WHITEの衣装なら自分たちで現地まで運ぶ必要がありません!

国内でウエディングドレスやタキシードを選んだら、現地までアールイズのスタッフが運んでくれます。
もちろんウェディング小物も同じです。
すべてWITH A WHITEでレンタルするなら、正直手ぶらでもOK。
国内挙式と同じような感覚で、気軽にレンタルすることができちゃうのです。

注意
アールイズには、WITH A WHITE以外のドレスショップのものを現地まで持っていくサービスはありません。
他のドレスショップでレンタルや購入をした場合は、利用先のドレスショップの指示に従いましょう。

トランク

日本の一般的なドレスショップでレンタル、購入できるウェディングドレスは、リゾート地で挙式をすることを想定していません。
40度以上の炎天下で着れるように作られていませんし、とても重たく5キロくらいあるのです。

炎天下の中、通気性の悪いドレスで汗びっしょり、重たいドレスで体力の限界なれば、熱中症になるのも時間の問題。
挙式中に倒れてしまったり、嫌な気分のまま結婚式を迎えることになってしまいます。

しかし、WITH A WHITEなら、すべてリゾート地用に工夫されたウエディングドレスとなっているので安心です。
長時間着ていても疲れないように、とても軽い素材を使用しており、日本のドレスの半分ほどの重さになっています。
軽く風通しのよい素材を使用しているので、より体調が悪くなりにくく、灼熱のリゾート地でも無理なく過ごせるようになっています。

WITH A WHITEのデメリット

しゃがんで泣いている女の子

良いところだらけのようなWITH A WHITEですが、もちろんデメリットもあります!
WITH A WHITEは、ドレスは30種類ほどしかありません。
一般的なドレスショップでは、100種類ほどドレスが取り揃えてあるのでほぼ3分の1と少なめ。
ただ、選択肢が少ない分、選ぶのに時間がかかりません。

また、契約をするまではウェディングドレスの試着は基本的にできません。
アールイズで契約したいけれど、似合うドレスがあるかどうかわからない・・・と思っても契約するまでは我慢するしかありません。

ワンピースや袖付きといったマイナーなデザインはありませんが、プリンセスラインやAライン、マーメイドライン、といった基本的なドレスの形は一応そろっています。
ウェディングドレスにこだわりを持っている方には、向いていないかもしれません。

フォーシスアンドカンパニーのウェディングドレス

フォーシスカンパニー

アールイズ・ウェディングでは、WITH A WHITE以外にも、フォーシスアンドカンパニーでもドレスを選ぶことができます。
フォーシスのメリットは、ドレスの種類が50種類以上と豊富な点です。
袖のあるウェディングドレスだってありますし、おしゃれでセンスの良いドレスがたくさんあります。
WITH A WHITEのようなシンプルでナチュラルなドレスがスキじゃないって方は、こちらのブランドの方がよいでしょう。

フォーシスのデメリットは、ドレスをレンタルしても、自分で現地まで運ばなければなりません。
ドレスを運ぶための専用のカバンはフォーシスで貸出してくれますが、WITH A WHITEのように、現地まで運んでもらえません。

アールイズ・ウェディングの
ドレスの試着

アールイズの二つのブランドの違いについてわかったところで、二つのブランドでのドレスの試着方法についてご紹介します。

with a whiteのドレスの試着方法

参考 WITH A WHITE公式HPWITH A WHITE

WITH A WHITEのショップでは、WITH A WHITEのドレスのみ試着できます。
フォーシスのドレスは一切試着できません。
WITH A WHITEの店舗数自体かなり少ない(大阪や東京にしかない)です。

契約後に直接アールイズに連絡をするとウェディングドレスの試着の予約ができます。
試着をする際は、試着室の中で専用のタブレットから自分が試着したいドレスを選んだら、プランナーさんが運んできてくれるスタイルです。
そもそも試着できるドレスが少ない(30着しかない)ので、店舗に行ってからじっくり考えることも可能です。

ショップの中はこじんまりしていて、試着室はフォーシスよりも一回り狭いですが、内装はとてもかわいいです。
お姫様の試着室のような感じで、雰囲気はとても好きですし、お水がいただけたりなど接客サービスはとても丁寧でした。

FOURSIS & COで試着方法

フォーシスカンパニー

参考 フォーシスアンドカンパニー公式HPフォーシスアンドカンパニー

フォーシスではWITH A WHITEとフォーシスの両方のドレスが試着でき、店舗数も多いです。
(都道府県に1つは店舗あるイメージです)
なのでほとんどの方は、どちらのブランドのドレスも着れるフォーシスの店舗に行くと思います。

フォーシスでは、店員さんが花嫁のためにある程度ドレスをみつくろって持ってきてくれます。
なので、自分の希望をはっきり伝えないと検討違いのものが運ばれてきちゃいます。
事前にどんなタイプのウェディングドレスが着たいのかリサーチしないと時間がかかってしまいます。

しかも、ドレスの試着制限があり、一度に着れるドレスの数や時間に限りがあります。
平日は2着までで、休日は3着。
次の時間の予約がなければ追加で試着が可能ですが、フォーシスで試着する人は多く、予約が埋まりやすいのであまり期待しないように。

ショップの中は広くて余裕がありますが、よく言えばシンプルで悪く言えば質素な内装です。
内装のクオリティは断然WITH A WHITEの方が上です。(店舗によるかもしれません)

フォーシスは、デパートの試着室という感じで、綺麗でありますが、ときめきは出ません。
正直きらびやかな内装のWITH A WHITEで試着したほうが「結婚するんだなあと」いう実感がわきました。

店員さんは優しいですが、WITH A WHITEとは違いお水はもらえないので、飲み物を持ち込みしましょうww
試着は2~3時間くらいかかります。

試着の雰囲気を楽しみたいならWITH A WHITE。
利便性を求めるのなら、フォーシスで試着するのがベターです。

私はフォーシスとWITH A WHITEと両方のショップで試着した経験がありますが、どちらのショップでも丁寧に対応してもらえました。

ko-wedding

予算があるなら自分から積極的に

ドレスの試着の際は、スタッフの方から「ドレスの予算はいくらくらいですか」なんて聞いてくることはまずありません。
予算が限られているのであれば、恥ずかしがらずに自分からきちんと説明しましょう!

「勢いで試着してみたけれど、ドレス代が高すぎる・・・」なんてことのないようにw
スタッフもできるだけ早くドレスを選んでくれた方がありがたいので、嫌がるなんてことはありません。

アールイズのドレスの体験談

注意
私が挙式をした当時の話なので、内容が異なる場合があります。
詳しくは直接問い合わせ願います。

アールイズの基本ウエディングドレス

アールイズの安いドレス

WITH A WHITE公式HPより

アールイズで申し込みをする際に、基本ドレス代(96,000円)付きとなっていませんでしたか。
基本ドレスってどんなデザインなのか気になりますよね。

さて上のデザインが、その基本ドレスです。
(うろ覚えなのでちょっと違うデザインかもしれませんが、雰囲気はほぼ同じです。)
気に入った人がいたら申し訳ないのですが、ネグリジェのように見えます。

値段は96,000円で、こちらのドレスで挙式をされるのなら、ドレスの追加料金はいりません。
逆にこちらのドレスを着ないのなら、ドレスに追加料金がかかります。

アールイズウェディングのおすすめウェディングドレス

花柄のアールイズのドレス

アールイズウエディング オススメウェディングドレス

WITH A WHITE公式HPより

WITH A WHITEオススメのウェディングドレスが上記のデザインになります。
ベージュのサシュリボンが合わせてついている珍しいドレスです。
ビーチ撮影時や食事の時はつけて挙式中は外すなど変更も自由にできます(無料です)

トップに花柄がちりばめられているデザインのため、胸元が華奢な方もバランスよく着こなすことができます。
ドレスの素材が柔らかいので、ウエストの調節がかなりできるデザインです。
3号サイズの私でも無理なく着ることができました。

また、リボンはウエストだけでなく、手首に巻いたりなど様々なパターンを楽しむことができます。
値段もサシュリボンを含めて30万円ほどなので、アールイズの中ではコスパが良い方だと思います。

胸元がすっきりしたアールイズのドレス

アールイズ ウエディングドレス

WITH A WHITE公式HPより

胸元がすっきりしており、シャープなデザインとなっているので、豊満な女性だとスタイルが良く見えます。
ただ、上半身の素材が堅く、紐で調節しても3号の私はウエストとバストがガバガバでだらしなくなってしまいました。
かなり華奢な女性は、貧相に見えてしまいますので注意してください。
シャープなデザインだけあって、着てみると数あるドレスの中でも軽い印象を受けました。

値段は最初に紹介したデザインよりも高く、40万ほどでした。

大人の女性にオススメのウェディングドレス

ウィズアホワイト オススメドレス

WITH A WHITE公式HPより

アイボリーな色が特徴のウェディングドレスです。
より大人の女性に好まれるデザインとなっており、上半身はシャープなので、中でも豊満な女性にオススメ。
WITH A WHITEの中でもアイボリーが強いドレスはこちらのみです。

着る機会がなかったため、値段については聞けず不明です。

アールイズウェディングのオススメタキシード

アールイズ・ウェディングの白のタキシード

WITH A WHITE公式HPより

WITH A WHITEのタキシードは9種類です。
グレーやネイビーのタキシードもありましたが、多くの方は白を選ばれるのではないでしょうか。

上のデザインが、91,000円(小物無料レンタル込み)でほとんどの男性が選ばれるタキシードだと思われます。
ちなみに、白いタキシードはもう一つあり、より値段が高いタキシードにはポケットや襟の部分にラインが入っています。
値段は100,000円以上したはずですが、詳しくは申し訳ないですが覚えていません。

白以外のタキシードでも10万円~20万円ほどで用意できます。

アールイズの基本タキシード

アールイズ・ウェディング安いタキシード

WITH A WHITE公式HPより

基本タキシードのデザインが上記になります。
若干デザインが異なるかもわからないですが、黒スーツなのは間違いありません。
着れなくはないかな?と思いますが、リゾート地で黒はちょっと暑苦しいと思います・・・

できることなら、先ほどの白のタキシードを選びたいところ。
値段は24,000円で、こちらを選ぶのならタキシード代の追加料金はかかりません。
逆に言えばこのタキシードを選ばないなら、追加料金がかかります。

アールイズのウェディングドレスの値段

結局アールイズのドレスはいくらかかるの?
という話ですが、20万円~40万円は追加でかかると思っていた方がいいです。

ちなみにアールイズでの挙式するのに総額100万円はかかるので、パジャマのような基本ドレスを選ぶのはもったいない気がします。
選んだ人がいたら申し訳ないですが・・・

アールイズの実際の見積書、最低見積額に関する記事はコチラになります。

パソコンをスクロールする女の子の手アールイズ・ウエディングは高い?私の見積書を徹底比較

40万円もかかるのなら、購入した方がいいのでは?
アールイズでウェディングドレスを作成したいと考えるかもしれません。

WITH A WHITEでもドレスをオーダーメイドで購入することが可能です。
しかし、作成には半年必要で、必ず東京にあるサロンへ5回ほど通わないといけません。

地方に住んでいる方は、東京までわざわざ5回も通うのは大変だと思います。
さらにウェディングドレスは70万円~でタキシードは20万~と安くありません。

手間とお金ばかりがかかるので、オーダーは正直オススメはしません。

海外挙式を安く抑えるなら小さな結婚式がオススメ

小さな結婚式 グアム

アールイズでの結婚式はとてもよかったのですが、正直ドレスやタキシードに追加で20万円も払う必要なかったかな?と感じています。
また、ゲストも10名程度なのに結婚式に100万円以上もかけなくてよかったかなぁと少し思っています。

そんなアールイズのドレスがちょっと高い、安く海外挙式がしたいと感じるプレ花嫁さんには、小さな結婚式がオススメです。

アールイズではアルバム代とドレス代で追加料金が50万円くらいかかると思います。
けれど、小さな結婚式なら両方とも138,000円の基本挙式代に含まれているので、ずっと安く海外挙式を行うことができます。

少人数専門&格安ウェディング式場
小さな結婚式の公式HPはコチラ