【保存版】ウェディングドレスに必要な小物を安く買うコツと選び方

ティファニーブルーのウエディングシューズ

お気に入りのウェディングドレスが決まりましたでしょうか。
ウェディングドレスには、グローブやパニエなどまだまだ必要なものがたくさんあります。
ウェディング小物は、定価だと一つ1万円以上する高額なものばかりで、ちょっとでも節約したいところ。
同じ物でも、少しでも安く買う方法と選び方をご紹介しちゃいます。

ウェディングドレスに
必要なアクセサリー小物

  • グローブ
  • ネックレス
  • イヤリング
  • ヘッドアクセ(ティアラなど)
  • ベール
  • パニエ

主なウェディングドレスの小物は上記になります。

ウェディング小物の選び方とポイント

ウェディングドレスや小物を選ぶ順番

料理

ウェディング小物をうまく合わせるには、小物を選ぶ順番が大切です。
服を組み合わせるのが苦手な方、おしゃれに興味がない方は、ウェディングドレスを一番先に決めてから小物を選びましょう。
ドレスの次はグローブ、ネックレスといったアクセサリー、最後に靴の順番にすると失敗しにくいです。

洋服選びのセンスがあり、おしゃれが好きな方は初めに「」を、その後にウェディングドレスを選んでみてください。
ウェディングドレスも足元がおしゃれだと、より洗練された雰囲気をだせます。
もしくは、アクセサリーから合わせてもGOOD。
さらにパニエにもこだわってみるとドレスの印象がグッとかわるので、ぜひおしゃれを楽しんでみて。

ウェディングドレスのグローブの選び方

ウェディングドレスの生地に合わせる

グローブを選ぶ上で大切なのは、ウェディングドレスの生地に合わせることです。

よく言われているのが、チャペルの雰囲気とグローブの雰囲気を統一させること。
たしかに、厳かなチャペルには重厚感と光沢のあるサテンの生地のグローブや、リゾートウェディングに軽やかでナチュラルなオーガンジーの素材を選ぶのは間違っていません。

しかし、そもそもウェディングドレスの素材とグローブが合っていなければ、ちぐはぐになってしまいます。
例えるなら、上にパジャマを下にスーツを着るようなもの。
チャペルの雰囲気とグローブが合っていなくても、ドレスとグローブの雰囲気、素材が合っていれば不自然ではありません。
グローブを決める前に、自分が着るドレスはどんな素材でできているのか確認しておきましょう。

 

 

もちろん素材だけではなく、ドレスの色とグローブを合わせる必要があります。
しかし、生地が同じであれば、色はよほどの差がない限り遠目ではあまりわかりません。
色よりもドレスの生地に合わせることを意識しましょう。

あとは、ドレスにスワロフスキーやレースが使われているなら、グローブもそれに合わせるのが基本。
ドレスに使われている装飾もしっかり把握してグローブと統一感を出しましょう。

グローブの長さは自分の背丈や体格に合わせる

グローブの長さは、ドレスのデザインによって合わせるのが基本といわれています。
しかし、グローブの長さは自分の身長に合わせることを意識ください。

ノースリーブやビスチェタイプのウェディングドレスには、肘よりも長いロンググローブを合わせるのが主流です。
しかし、背が低く小柄なタイプの女性はロンググローブをはめてしまうと、肌の見える面積が少なくなり、手が短く見えてしまいます。
逆に背が高い女性は、手だけのショートグローブをはめてしまうと、腕の長さが悪目立ちします。

そもそもウェディングドレスのグローブは基本的にフリーサイズ。
標準的な身長の女性に合わせて作られています。
自分の身長を無視して、ドレスのデザインだけでグローブの長さを決めてしまうと違和感が出てしまうのです。

また、グローブの色に使われる白色は膨張色、長いグローブほど太って見えます。
腕がガッチリしたタイプの女性が、ロンググローブをはめてしまうと、腕が強調されてしまい、より太く見えます。
腕が細くて弱弱しい女性がショートグローブをはめると、腕の細さが強調されて貧相に見えてしまいます。

ドレスのデザインによってグローブを選ぶのは、間違っていません。
ただ、どんな長さのグローブを選んでも似合うように作られているウェディングドレスが大半です。
なので、自分の背丈や体格によってグローブを合わせた方が、よりバランスがよくなります。

フィンガーレスグローブに向いている人

最近は、指の部分が開いているデザインのフィンガーレスタイプのグローブも多くなりました。
フィンガーレスタイプが特にオススメなのは、ネイルにこだわりのある人です。
フィンガーレスであれば、おしゃれなネイルをしてもグローブで隠れることはありません。

また、グローブが大きくてブカブカだとだらしがなく見えますし、逆に小さすぎてパンパンだったらみっともないですよね。
ウェディンググローブはフリーサイズがほとんど、SサイズやLサイズはありません。
人よりも指が太かったり、手が小さい方はグローブのサイズを探すのも一苦労ではないでしょうか。

しかし、フィンガーレスタイプなら、指の部分が開いているので手のサイズの影響を受けません。
多くの人が身に着けやすいのが、フィンガーレスタイプなのです。

ウェディングアクセサリーのポイント

ピンクパールのネックレス

花嫁を輝かせるのにかかせないのが、イヤリングやティアラといったウェディング小物です。
アクセサリーの選び方で大切なのは、アクセサリーを選ぶタイミング
小物のコーディネートが苦手な方は、「どうしても結婚式に身に着けたい!」というものがない限り、一番最後に選ぶべきなんです。

その理由は、アクセサリーをウェディングドレスやグローブのデザインに合わせるため。
ドレスやグローブに比べて、ウェディングアクセサリーは、値段も種類も豊富です。
アクセサリーのデザインにウェディングドレスを合わせるよりも、ドレスのデザインにアクセサリーを合わせる方がとても簡単。

 

例えば、ドレスにスワロフスキーを使っているのなら、アクセサリーをもスワロフスキーにしたほうが、より統一感がでておしゃれに見えます。
グローブと同様に、チャペルの雰囲気で選んでも良いのですが、チャペルよりもドレスやグローブの雰囲気に合わせるのが最優先。

ウェディングドレス

アクセサリーを何に合わせるか迷っているのなら、写真の映り具合から考えてみて。
アクセサリーが目立つのは、ドレスの全身が写った写真よりも、顔に寄せたアップの写真を撮るとき。
なので、ウェディングドレスの上半身とアクセサリーを合わせてしっくりくるのがベストです。

初心者向けウェディングアクセサリ-の選び方

「どのアクセサリーも同じに見える・・・」というあなたへ。
チェックしてほしいのは、あなたが選んだドレスの胸元。
アールイズウエディング オススメウェディングドレス

このように胸元が丸みを帯びている形のウェディングドレスなら、先端が丸みのあるやさしい雰囲気のアクセサリーを選ぶと似合います。

ウィズアホワイト オススメドレス

逆に、このように胸元がV字になっている(写真はそこまでV字ではない)デザインなら、シャープな先のとがった雰囲気のアクセサリーを選ぶのが良いでしょう。

ウェディングドレスのパニエの選び方

パニエとは、ウェディングドレスの下に履くドレスにボリュームを持たせるもの。
パニエなんて見えないし、どれも同じなんじゃんないの?と思っているあなた。
確かに直接見えない部分になるので、パニエを軽く考える人が多いのですが、プリンセスラインなどふんわりするドレスだと特に印象を左右する重要なものになります。
パニエはドレスのデザインによって合う合わないがあるので、実際に着てみて調節するしかありません。

「パニエの違いなんてわからないし、気にしない」という考えてあれば、できる限り軽いパニエを選ぶのがオススメ。
ウェディングドレスはとても重いので、少しでも軽いものを選んだほうが挙式中ラクです。
もっとドレスのボリュームを出したい、ドレスが重いので軽くしたいなど気になることがあれば、パニエを変えるだけで改善できる場合もあります。

パニエは購入するよりも、ドレスと合わせてレンタルするのがほとんどです。
パニエを変更しても追加料金がかからないので、色々と店員さんに相談してみましょう。

花嫁とブライズメイド

特にこだわりがなければ、自身のではなくドレスショップのパンプスをレンタルでよいと思います。
そこまで目につくものではないので、こだわりがなければできるだけ履きやすいものを選んだほうがベターです。

ちょっとくらい我慢できると思っても、式は一日中続きますし、ドレスの重さは5キロはあります。
履きなれたパンプスでも痛いと感じるくらいなので、履いて少しでも違和感のある靴はやめましょう。
パンプスの高さに慣れるために、同じ高さのパンプスを普段から履いていると安心できます。
5,000円ほどで用意することができます。

自身で用意するもの

  • ストッキング
  • ウェディングインナー

ストッキングとウェディングインナーはレンタルができないので、自分のものを用意する必要があります。
ドレスショップでも購入することができますが、割高な場合が多いです。

ストッキング

当日のストッキングは、腰まである長いストッキングではなくて、ひざ下までの短いストッキングを選ぶと、お手洗いに行くときに楽です。
伝線しても周りにはわからないですし、そもそも変えるタイミングがそこまでないので、気になる人以外は予備はなくても構わないでしょう。

1,000円もあれば十分良いものが買えます。

ウエディングインナー

ブラジャーと腰にまくウエストニッパーはぜひこだわってみてください。
質の悪いものや体に合わないものだと、ドレスの重みを支えられず着崩れしたり疲れたりする原因になります。
マーメイドラインなど体にぴったりのものでないかぎり、ガードル(パンツ)は不要ですが、マナーとしてペチコートは必須。

相場は、1万円から3万円ほどになります。
一つイイものを持っておくと、結婚式に呼ばれた時のドレスインナーとしても活躍ができます。
また、出産後の体型を戻すときにも使えるそうです。
こんな機会でもない限り買わないと思うので、消耗品と思わずに質のいいものを購入するといいでしょう。

あったほうが良いもの

  • ハンカチ
  • 小さな安全ピン
  • 予備のストッキング(気になる人のみ)
  • 絆創膏

ハンカチは涙をぬぐう際に使えます。
披露宴を行うのであれば、使う機会はたくさんあるので、用意しておきましょう。
ハンカチは汚れているととても目立つので、できることなら新品を用意しておきたいところ。
真っ白なフォーマルハンカチが一つあると、便利です。

安全ピンはドレスが外れたかけた際の救済措置に使えます。
ドレスの胸元がずれて、インナーが見えてしまうといったアクシデントは割と起こります。
3つくらいはすぐに使えるようにしておくと便利です。

予備のストッキングは伝線するのが嫌な人のみ必要になります。
仮に伝線しても、他の人にはほとんどわかりません。

絆創膏は、式の途中で靴擦れしてしまったときにあると便利です。

ウェディング小物を安く買うオススメの方法

ドレスをレンタルしたのなら、同じショップで合わせて小物をレンタルするのが一番楽な方法

ドレスのレンタル代に小物代が含まれており、実質無料になることもあります。
けれど、付属のウェディング小物は質素で物足りないことが多く、1万円以上追加料金を払って別のものを選ぶ人も少なくありません。

メルカリでウェディング小物を購入する

スマホをする女の子

ウェディング小物を安く手にいれるには、メルカリを利用するのが一番おすすめです!

私は定価3万円のブライダルインナーをメルカリで1万円で購入し、使用した後は8,000円くらいで売りました。
なので、3万円のインナーを実質2,000円程で利用できちゃいました。
また、レンタルだと5,000円するグローブをメルカリで見つけて、2000円(未使用品)で同じものをゲットしました。

式で使用する小物のほとんどは、1度つかったら終わりなので、保存状態も良く出品されています。

しかも、ブライダルには「サムシングフォー」という言葉があり、新しいもの、古いもの、人から借りたもの、青いものを身に着けている花嫁は幸せになれるという伝承があります。
なので、他の花嫁から譲り受けたものを身に着けるのは、縁起が良いというとらえ方もできるので、年配の方の評価も悪くないでしょう。

以上になります。
読んでいただいてありがとうございました。